作成者別アーカイブ: mortuarythemovie

オナニー鑑賞

彼女にオナニー鑑賞させられたことがあるんだよ。
元彼女、なんだけどな。
付き合い始めから、俺に対するダメだしがすごくて、「今の態度は何?」とか「根本的に分かってないよね」とか、曖昧なダメだしするから、一時期俺もちょっと自信喪失しててさ。
彼女には、「理想の彼氏」像みたいなものが明確にあって、それと俺が一致しないから、イラついてたのかもしれない。
で、そのオナニー鑑賞も、俺にとっては罰みたいなもんでさ。
俺のセックスに不満があると前々からちょいちょい言ってて、俺も色々工夫してみたり、やり方変えてみたりしたんだけど、それでもまだ不満だったみたい。
それで「オナニーするから、見てて!それでちゃんと私が感じるやり方を覚えて?」ってすごい剣幕でオナニー始めちゃって。
センズリ鑑賞
強制的にオナニー鑑賞させられた、という感じだよね。
ただ、肝心の「感じさせるテク」という点については、まったく分からず・・・。
一応、じーっと見てたんだけど、気付いたことは、クリを以外に高速で刺激すんだなーってことくらい?
それでオナニー鑑賞の後に、その高速クリ刺激をしたら「痛いよ!」って怒るんだよね。
もう俺、何をどうしたらいいか分かんなくなっちゃって。
彼女と一緒にいると、自分がどうしようもないダメ男で、人間扱いされないレベルの、ひどい低脳に思えてくるんだ。
「こんなことも分からないの?」「こんなことも気付かないの?」「バカなんじゃないの?」
言葉にすれば、大した暴言じゃないよ。だけど、じわじわ俺の自尊心を奪って行くんだよね。
センズリ鑑賞会
オナニー鑑賞

セフレを出会い系で見つける

俺ってすごく忘れ物をするタイプで所持品チェックリストを壁に貼っておいて対策している。出かける前にリストを見て持ち物をチェックするんだ。そこに、ハンカチ・定期・スマホとかと一緒にコンドームもリストに入れている。いついかなる時にセックスのチャンスが訪れても大丈夫なように常在戦場な気持ちで毎日出かけているようなチンチンビンビン男なんだ。ただ、残念ながら日常生活で使ったことはない。当たり前だけど、街中で出会って3秒で合体なんてあるわけないんだよ。やっぱりセフレになるべき女は出会い系に引きこもっているんだ。
俺はセフレを出会い系で見つけることについては、否定しないしむしろ肯定している。だって、セフレ=恋人じゃなくてセックスだけの関係なんだろう?むしろ、そう言う関係は出会い系じゃないと出会えないと思わないか?男はさ、いつもチンチンビンビンで隙あらば挿れたいと思っている生き物だけど、女にそう言うのはないよね?心の中ではまんまんに咥えこみたいなーと思っているかもしれないけど、基本的には受け身な生き物だし表には絶対出してこない。恋人同士のセックスは別だよ?それはコミニュケーションだからね。ただ、純粋に性欲を満たしたいだけと言うならば、やっぱりそんな女は出会い系にしか集ってこないと思うんだ。
セフレの作り方を学んだ童貞だった僕に2人のセフレ
俺自身もそんな生き物だから出会い系には登録している。セフレを出会い系で見つける、と言うか出会い系でしか見つけられないと思っているからね。つい先日も、そうして出会い系にいたまんまんを口説き落として、セックスできることになったんだ。まあ、実際に会ってみると、街中のナンパでは絶対に声をかけないであろうモンスターズインクに出てきそうな女だったけど、下半身だけのセフレの関係だったらそれでもいいか、と思ったんだ。
ただ、俺、そんな日に限ってコンドーム忘れてきちゃったんだよ。女は生でもいいよと言ってくれたんだけど、そこでふと現実に目覚めちゃったわけだ。あれ?俺、なんでこんな女とセックスしたかったんだろう?って。ゴムを忘れたがために忘れていた感情を思い出した感じだね。
セフレを出会い系で見つけるのはいいんだけど、セックスできるなら誰でもいいと言うのはその時だけの感情だからね。
セフレとの出会い
人妻との出会い