月別アーカイブ: 2019年5月

セフレを出会い系で見つける

俺ってすごく忘れ物をするタイプで所持品チェックリストを壁に貼っておいて対策している。出かける前にリストを見て持ち物をチェックするんだ。そこに、ハンカチ・定期・スマホとかと一緒にコンドームもリストに入れている。いついかなる時にセックスのチャンスが訪れても大丈夫なように常在戦場な気持ちで毎日出かけているようなチンチンビンビン男なんだ。ただ、残念ながら日常生活で使ったことはない。当たり前だけど、街中で出会って3秒で合体なんてあるわけないんだよ。やっぱりセフレになるべき女は出会い系に引きこもっているんだ。
俺はセフレを出会い系で見つけることについては、否定しないしむしろ肯定している。だって、セフレ=恋人じゃなくてセックスだけの関係なんだろう?むしろ、そう言う関係は出会い系じゃないと出会えないと思わないか?男はさ、いつもチンチンビンビンで隙あらば挿れたいと思っている生き物だけど、女にそう言うのはないよね?心の中ではまんまんに咥えこみたいなーと思っているかもしれないけど、基本的には受け身な生き物だし表には絶対出してこない。恋人同士のセックスは別だよ?それはコミニュケーションだからね。ただ、純粋に性欲を満たしたいだけと言うならば、やっぱりそんな女は出会い系にしか集ってこないと思うんだ。
セフレの作り方を学んだ童貞だった僕に2人のセフレ
俺自身もそんな生き物だから出会い系には登録している。セフレを出会い系で見つける、と言うか出会い系でしか見つけられないと思っているからね。つい先日も、そうして出会い系にいたまんまんを口説き落として、セックスできることになったんだ。まあ、実際に会ってみると、街中のナンパでは絶対に声をかけないであろうモンスターズインクに出てきそうな女だったけど、下半身だけのセフレの関係だったらそれでもいいか、と思ったんだ。
ただ、俺、そんな日に限ってコンドーム忘れてきちゃったんだよ。女は生でもいいよと言ってくれたんだけど、そこでふと現実に目覚めちゃったわけだ。あれ?俺、なんでこんな女とセックスしたかったんだろう?って。ゴムを忘れたがために忘れていた感情を思い出した感じだね。
セフレを出会い系で見つけるのはいいんだけど、セックスできるなら誰でもいいと言うのはその時だけの感情だからね。
セフレとの出会い
人妻との出会い

乳首イキ

彼の家に初めて行った時に、ふと、寝室の引きだしを開けたら・・・チクニ―グッズがあったの。
いや、それが本当にチクニ―グッズかどうか分からないけど、形状からしてそうだろうなと。
もちろん、見なかったふりをしたよ?
一応、そういうのが礼儀だし。
今まで彼とエッチした時に、別に乳首責めが激しいとか、乳首がものすごく感じるって雰囲気でもないし・・・私も、男性の乳首責めってOKなのか分かんないから、ほぼ放置してたんだよね。
これから、乳首責めしてあげた方がいいのかなって。
その日、エッチした時に、私も意識してペニスより乳首を舐めてあげてたのね。
そしたら彼が「フェラして」って言うの。
乳首責め希望のJKのエロ垢にアマギフ先渡しして学んだセフレの作り方
乳首責めじゃなくて、フェラなんだ?って意外だったんだよね。
乳首開発して、乳首イキ目指してるんじゃないの?って頭の中、ちょっと混乱した。
それで「乳首、感じないの?」って知らん顔して聞いたの。
「乳首なんて、男の性感帯じゃないだろ」って彼、しれっと言うのよ。
じゃ、あのたんすの中の乳首イキ開発グッズはなんなのさ、と思ったよ?
乳首イキしたがってるって、女にバレたら恥ずかしい、見栄張って乳首なんて感じないよ!って言い張ってるのか、本当にそうなのか・・・
乳首イキ開発も、自分用じゃなくて、女用とか?前カノとかが、そういうに関心があった人なのかも?
いやいや、もしかしたら、セフレか何かがいて、一緒に乳首イキ目指してるとか?
男のたんすはむやみに開けてはいけないと私は学んだような気がする。
乳首責め
クリトリス拷問